ZAZZLE でデザイン作成

新規でオリジナルを作成する

Zazzleでデザイン作成やカスタマイズする方法をご紹介します。
デザインした商品はカートに入れて支払いを確定しない限り、料金が発生することはありませんので安心してデザインできます。

ここにある画像・説明は2018年7月28日のものです。(一部10月収録の画像あり)
デザインツールは日々進化していて新機能が追加されたり、インターフェースが変更になることがあります。ここでの説明と相違する場合がありますが、ご了承ください。

【追記】
2018年10月末より、新しいデザインツールのテストが開始されています。
そのためここに書かれてるいるものは古くなります。
デザイナー登録の仕方の次に本記事を掲載しようと思っていましたが、今まで書いたものが無駄になってしまうので急遽掲載することにしました。
 

まずZazzleアカウントを作成します。作成しないでもデザインはできますが保存ができません。
TOPページの右上のサインインをクリックしてアカウント作成してください。
FacebookやGoogleアカウント、Eメールで登録できます。

Zazzle公式動画で見る
https://youtu.be/bdcGV4RNwJ0

日本語版Zazzleサイトに行きます。

TOPページ左上の【作る】をマウスオーバーすると商品の一覧が出てきます。

ここに無いものは【オリジナル作成 >】をクリックします。

デザイン作成の例としてiPhoneケースを選びました。

商品をクリックするとデザイン作成画面が出ます。


右側の【デバイスタイプ】でiPhoneの機種やGalaxyなどが選べます。
【スタイル】でケースの種類が選べます。
これらは商品によって【サイズ】であったり【色】であったりと変わってきます。

画像を追加する

【画像を追加】ボタンをクリックします。
囲みの部分に使いたい画像ファイルをドラッグ&ドロップします。
ここでは例として商用利用可能なpixabayからダウンロードした画像を使います。

画像ファイルはJPG、PNG 、PDF、AI、TIFF、GIFフォーマットがサポートされています。
解像度は150〜300ppiでカラープロファイルはsRGBモードが勧められています。

しばらくすると編集画面の商品ガイドライン中央に画像が配置されました。
画像の廻りのハンドル(白く小さい四角/周囲に8箇所)をドラッグして拡大・縮小ができます。画像の縦横の比率は変えられません。

編集画面

まずレイアウトする前に編集画面の概要を説明します。
編集画面はサイズが決まっていて、またオブジェクトの配置を数値でコントロールができないので細かい作業に適していません。
ブラウザ画面の機能で表示を拡大するか、きっちりとしたデザインにするにはデザイン全体をIllustratorやPhotoShop等の画像作成ソフトで製作する必要があります。
グリッドラインを表示してある程度オブジェクトを揃えることは可能です。

オブジェクトとは画像やテキスト、カスタムシェイプのことです。

画面上部
画像やテキスト、シェイプの追加ボタン、ガイドライン表示設定などがあります。

画面右側
商品のプロパティがあります。プロパティとは属性という意味です。
ここでは商品の正面/裏面などデザインする部分を指します。
商品によっては複数のプロパティがあります。例えばTシャツは正面と背面の2つのプロパティがあります。正面だけあるいは両面にデザインすることができます。両面にデザインしても料金は変わりません。

プロパティでは画像やテキスト、シェイプのレイヤー管理と背景色を選択できます。
レイヤーはドラッグして順序を入れ替えたり、目のアイコンをクリックして一時的に隠すことができます。
Xでレイヤーを削除することができます。
永続的にグループ化する機能は現在ありませんが(Mac)Shiftキーまたはコマンドキー(win) コントロールキーを押しながらレイヤーを一時的に複数選択することができます。

 

画面左側
編集した商品のシミュレーション画像を拡大表示でプレビューできる画面があります。
商品によっては様々な角度から見た商品の静止画や動画などがあります。
左下にデザインのヒントなどがあり、動画でチュートリアルがみられます。

右図はショートカットの一覧です。
キーコンビネーションを使えば移動や拡大・縮小時にオブジェクトを細かく動かすことができます。

 

画面下部
オブジェクトの移動や拡大・縮小や回転などを設定します。
オブジェクトによって設定メニューが変ります。
設定できない部分は薄いグレーで表示されます。

画像
左から【画像の変更】選択画像を別の画像に変更します
【フィルター】プリセットされた様々な色彩効果を画像に与えます。
【切り抜き】画像をトリミングします。
【フィル】画像をアートボード全体に拡大します。
【フィット】画像をブリードラインまで拡大します。
【…更に見る】

□この画像をタイルする:画像を商品全体に敷き詰めます。
□白を透明として表示:jpgやpng画像の白色部分を透明にします。
□オブジェクトをロックする:画像を固定して修正できなくする。
解除するには右側の当該レイヤーを選択すると【…更に見る】が出るので、クリックしてオブジェクトをロックするのチェックを外す。
□オブジェクトを固定、常に公開する:オブジェクトの編集は可能だが削除できない
□テンプレートオブジェクトにする:販売デザイナー向け機能
ユーザーがカスタマイズやパーソナライズできるようにする。

【パターン】画像の配置タイプを選択する タイルサイズの変更可能

カスタムシェイプ

左からシェイプのカラー、ボーダーカラー、ボーダー幅設定
ボーダーが不要なら幅を0にする
【…更に見る】オブジェクトのロック、削除できないが一部変更可能

テキスト


左から【編集】テキストを変更します。
次は書体選択 日本語の書体あり
テキストのサイズ、テキストカラー、行揃え、文字・行間、
【…】オブジェクトのロック、テンプレート化、削除できないが一部変更可能

次ページからデザイン作成に戻ります。

『ZAZZLE でデザイン作成』へのコメント

  1. 名前:ソサエティ6 投稿日:2020/04/16(木) 16:45:47 ID:6e8a4270c 返信
    お返事ありがとうございます。 私のフェイスブックの投稿がリーチ1程度なのは普通なのですね。 つまり、一人しか見ていないということなので、フェイスブックは実質無意味になりますが、 管理人さんも私と同じ状況なのですね。 ピンタレストは一日十投稿しても大丈夫ということなのでそれくらいを目安にします。 ありがとうございました。 最後に、ウイルスがヨーロッパで変異したらしいので、ヨーロッパ型に気を付けてください。
    • 名前:sfj-prv 投稿日:2020/04/16(木) 17:50:46 ID:8aed00e29 返信
      ソサエティ6さん こんにちわ。 ザズルの先輩デザイナーの投稿を抜粋します。 >>>あなたの売上を高めるためにできる他のいくつかのこと *Facebook、Twitter、または第三者のウェブサイトであなたの最高のデザインを宣伝してください。より多くの人があなたのデザインを見れば見るほど、検索結果の上位に表示されます。  *あなたの商品を見て、タグや説明文を改良してみてください。新人の方がよくする間違いは、タグと説明文を無視していることです。  *1日に少なくとも1つの新しいデザインを追加するようにしてください。もちろん、多ければ多いほど良いというわけではありませんが、長い間変化のないウェブサイトは検索結果の順位を下げてしまう傾向があります。あなたのお店が活発であればあるほど、あなたの変化が見られやすくなります。だからと言って、検索エンジンでの順位を上げようとして、粗悪品ばかり出していてはいけません。<<<      全国に緊急事態宣言を拡大するようです。  ソサエティ6さんも、お気をつけてください。
  2. 名前:ソサエティ6 投稿日:2020/04/15(水) 01:04:01 ID:2c242f26c 返信
    新しいコメントは届いていますか?
  3. 名前:society6 投稿日:2020/04/11(土) 19:57:59 ID:679c74007 返信
    フェイスブックのデータを見ると、ほとんどの投稿が、リーチした人数が1か2。エンゲージメント数0です。 つまりほとんどだれにも見られていません。 管理人さんも同じくらいの数値ですか?インスタの方がリーチが15前後あります。 もしかしてフェイスブックは、フォロワーがいないと投稿しても誰も見ないのでしょうか? 管理人さんは、フェイスブックは投稿しているだけですか? なにか設定などしませんでしたか? ・クオリティーの高い作品を少しだけ代えることはありだと思っていましたが、 思いっきり色を変えるくらいしたほうが良いのですね。 >>> ●アナリティクスの解析で、ザズルのArt Studioへのここ一ヶ月間の集客は95人でザズルでの検索が47、フェイスブック22、ピンタレスト9、リスティング広告14、ブログから3、その他1という内訳です。 >>> ザズルの検索が一番多いのはビックリしました。 SNSを頑張るよりも、ザスルにも作品を登録したほうが、見てもらえる可能性が高いのかもしれないですね。 ソサエティ6は、コメントはつきますが、すべてライバルクリエイターのコメントです。 おそらく自分の作品に誘導するためです。 その点ザスルは、ソサエティ6よりも集客力があるのかもしれないですね。 フェイスブックが多いのも不思議です。 私はフェイスブックがまったくみられません。 他は30前後見られています。 ・ピンタレストとはほかのSNSと違って流れていかないようですね。 一度投稿したものが見続けられています。 検索エンジンと同じで、資産になるSNSのようですね。 今は投稿時間を予約して、アメリカの20時くらいに投稿していますが、 もしかして、ピンタレストは不要なのでしょうか? そして、一日の投稿数も5程度に抑えています。 10投稿したらツイッターがシャドウバンされたからです、 ピンタレストは気にせずにガンガン投稿しても問題ない特殊なSNSなのでしょうか
    • 名前:sfj-prv 投稿日:2020/04/15(水) 07:15:49 ID:720b8ec3a 返信
      ソサエティ6さん こんにちわ すみません。コメントがまたスパムの方に入っていました。 ●フェイスブックでは、一ヶ月間でページビュー16、リーチ2、エンゲージメント43、多分閲覧者は多分1人という、ほとんど見られていないレベルです。フォローもフォロワーもいません。フェイスブックページに投稿しているだけです。何も設定していません。フェイスブックは複雑すぎて良く分かりません。  多分、#zazzlemade、#zazzleというタグで検索された結果、投稿が表示され、そこからストアに誘導されていると推測しています。  ●ピンタレストは最高でも1日5ピンぐらいしか投稿していません。 ピンタレストの制限を調べてみました。  ブロックされる可能性のある操作:  ・何回もログインをする  ・ピンへのコメントが早すぎる  ・同じコメントを何度も投稿する  ・短時間に多数のユーザーをフォローする  ・同じサイトからたくさんのピンを追加/保存する操作が早すぎる  ・短縮 URL やリダイレクトを使用する(例:bit.ly) というようなことです。回数は明記されていませんので何とも言えませんが、10ピン以下に抑えておけば問題ないかと思います。 ピンタレストはUSAの女性ユーザーが多いので、そこに刺さる投稿を続けて行けば、良いかと思います。
  4. 名前:society6 投稿日:2020/04/10(金) 16:51:36 ID:5235ee305 返信
    フェイスブックにもインスタついでに投稿し始めたのですが、まったく見られません。 何か問題があるので表記されないのでしょうか? タグの数が多すぎてシャドウバンされているなどあり得るでしょうか? https://business.facebook.com/pg/%E7%94%BB%E5%83%8F-101280814818277/posts/?ref=page_internal ・教えていただいた通り、かなりの数を投稿して、ピンタレストでそれなりにビューされてはいますが、 まだ一つも売れません。 さすがにやり方が間違っているのか不安になっているのですが、下記を見ていただいて間違っていると思いますか? https://www.pinterest.jp/webcreationQ/ ・また、管理人さんは、平均で考えるとピンタレストに100投稿して1つ売れる程度でしょうか? もしそうなら、まだ足りないということになりますが、これでは、時給計算すると時給100円にもならないことになりそうですね。 何度も申し訳ございません。
    • 名前:sfj-prv 投稿日:2020/04/11(土) 15:02:54 ID:75c3ab38b 返信
      ソサエティ6さん こんにちわ。 ●フェイスブックを拝見しましたが、普通に見れてますよ。 ●ピンタレストも拝見しました。 印象ではバラエティに乏しいと感じました。 パターンは違うのかもしれませんが、同じ様に見えてしまいます。 例えば、実際のお店に同じ様なデザインの商品が並んでいたら、一瞥して、一回りもせずに店を出るでしょう。同じ様なものを見てもしょうがないので。 ピンタレストを見にくる人は、何か違ったものを見たい。何か参考になるものを探したい。自分のテーマに合った画像を集めたい。面白い画像はないか。知的好奇心を満たしたい。
そういうユーザのニーズを満たさない限りはユーザは増えないでしょう。 100の同じ種類でなく、100の違った物を投稿した方が良いのではないかと思います。 例えば、私のボードで紹介しているこのアーチストはインスタですが、 同じ様なパターンでも色違いがあって、バラエティに富んでいます。 https://www.instagram.com/jenniferwalshdesign/ ●アナリティクスの解析で、ザズルのArt Studioへのここ一ヶ月間の集客は95人でザズルでの検索が47、フェイスブック22、ピンタレスト9、リスティング広告14、ブログから3、その他1という内訳です。ピンタレストから売れたかどうかまでは分かりません。売れたのは総合的な結果だと思っています。 ●時給換算したらマイナスです。 フォントやデザイン素材、参考資料を買っているので、相当な赤字です。でもこれはビジネスとして必要なものです。 今はリサーチと基盤を作る期間だと思っています。 以上、すぐには結果は出ません。結果が出るまでは1〜3年かかる。と思ってください。